Binance Chain(BNB Chain:バイナンスチェーン)とは?

用語
この記事は約4分で読めます。

Binance Chain(BNB Chain:バイナンスチェーン)とは…

BNBチェーンとは、Binanceが開発したブロックチェーンネットワークで、Binance Chainとも呼ばれます。

BNBチェーンは、分散型アプリケーション(DApps)やトークンの発行、取引所の構築など、様々な目的に使用されています。

BNBチェーンは、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを使用しており、ネットワークの参加者がステーキングを行うことで、ネットワークの運営に参加することができます。

また、BNBチェーンはBinance Smart Chain(BSC)とも呼ばれ、Ethereum仮想マシン(EVM)互換性があり、Ethereumの開発者が既存のツールやスキルを使用してDAppsを開発できるようになっています。

BNBチェーンは、BinanceのトークンであるBNBをネイティブトークンとして使用しており、ネットワークの手数料やステーキング報酬の支払いに使用されます。

BNBは、Binance取引所の手数料割引や、Binance Launchpadでのトークンセールに参加するための支払いにも使用されています。

わかりやすく説明すると…

BNBチェーンは、Binanceが開発したブロックチェーンネットワークです。

このネットワークは、分散型アプリケーション(DApps)やトークンの発行、取引所の構築など、様々な目的に使用されます。

BNBチェーンは、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを使用しており、ネットワークの参加者がステーキングを行うことで、ネットワークの運営に参加することができます。

ステーキングを行うことで、参加者はネットワークの運営に貢献し、ステーキング報酬を受け取ることができます。

また、BNBチェーンはBinance Smart Chain(BSC)とも呼ばれ、Ethereum仮想マシン(EVM)互換性があります。

これは、Ethereumの開発者が既存のツールやスキルを使用してDAppsを開発できるようになっていることを意味しています。

BNBチェーンは、BinanceのトークンであるBNBをネイティブトークンとして使用しており、ネットワークの手数料やステーキング報酬の支払いに使用されます。

また、BNBは、Binance取引所の手数料割引や、Binance Launchpadでのトークンセールに参加するための支払いにも使用されています。

つまり、BNBチェーンは、Binanceが開発したブロックチェーンネットワークで、DAppsの開発やトークンの発行・取引所の構築に使用されることが特徴です。

また、ステーキングを行うことで、参加者はネットワークの運営に貢献し、ステーキング報酬を受け取ることができます。

BNBチェーンは、BNBをネイティブトークンとして使用しており、手数料やステーキング報酬の支払いに使用されます。

Binance Smart Chain(BSC:バイナンス スマート チェーン)との違い

BNBチェーンとBinance Smart Chain(BSC)は、似たような名前を持つBinanceの2つのブロックチェーンネットワークですが、いくつかの違いがあります。

まず、BNBチェーンは、Binanceが開発した最初のブロックチェーンネットワークであり、BSCはその上に構築されたブロックチェーンネットワークです。

BSCは、Ethereum仮想マシン(EVM)互換性があり、Ethereumの開発者が既存のツールやスキルを使用してDAppsを開発できるようになっています。

一方、BNBチェーンは、独自の仮想マシンを使用しています。

次に、BSCは、BNBチェーンに比べて、高速かつ安価にトランザクションを処理することができます。

これは、BSCがEthereumのスケーリング問題に対処するために、Proof of Authority(PoA)とProof of Staked Authority(PoSA)を組み合わせた独自のコンセンサスアルゴリズムを使用しているためです。

さらに、BSCは、BNBチェーンよりも多様なトークンをサポートしています。

これは、BSCがEthereumのERC-20トークンに加えて、BEP-20トークンもサポートしているためです。

BEP-20トークンは、BNBチェーン上で発行されるトークンであり、BNBチェーン上での取引により高速で低コストなトランザクションを提供することができます。

要約すると、BNBチェーンはBinanceが最初に開発したブロックチェーンネットワークで、独自の仮想マシンを使用しています。

一方、BSCは、BNBチェーンの上に構築されたブロックチェーンネットワークで、Ethereumの開発者がDAppsを開発するために設計されています。

BSCは、高速かつ低コストでトランザクションを処理し、多様なトークンをサポートしています。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

Binance Smart Chain(BSC:バイナンス スマート チェーン)とは?
Binance Smart Chain(BSC)は、Binanceが開発した分散型アプリケーション(DApps)およびスマートコントラクトのプラットフォームです。BSCは、Ethereumと同様に、ブロックチェーン上でのアプリケーション開発を可能にするイーサリアム仮想マシン(EVM)と互換性があります。

【PR】おすすめ仮想通貨取引所ご紹介


Bitget
口座開設はこちらから!

メリット

  • コピートレードが可能
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 追証が発生しないゼロカットシステムを採用
  • 口座開設がとても簡単
  • 日本語対応
  • クレジットカードで仮想通貨を購入ができる
  • 安全性が高く安心して取引できる
  • 豊富な取引銘柄を準備
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない
  • 仮想通貨入金の際に最低入金額が設定されている
  • 出金手数料がやや高め

Bitgetの口座開設はこちらからどうぞ!

MEXC Global
口座開設はこちらから!

メリット

  • 約1,100種類以上の銘柄を取り扱っており、現物取引や最大レバレッジ200倍の先物取引ができる
  • クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる
  • 日本語対応
  • 頻繁に開催されるキャンペーンでボーナスやエアドロップがもらえる
  • 世界5カ国で安全な取引所として認められている
  • 新規仮想通貨の上場が早い
  • 主要な取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • サブアカウント機能でリスク分散が可能
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 取引手数料が高い
  • 日本円の取引に対応していない
  • 注文が約定しない場合がある
  • 法定通貨での入出金ができない

MEXC Globalの口座開設はこちらからどうぞ!

用語
COIN MEMO
タイトルとURLをコピーしました