NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説

コイン・トークン
この記事は約14分で読めます。

NEAR Protocol(ニアプロトコル)は、高速かつスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームで、分散型のアプリケーションを構築するために設計されています。NEAR Protocolは、スマートコントラクトの実行やデータストレージを提供し、開発者が簡単にブロックチェーン上でアプリケーションを開発できるようにします。

NEAR Protocolは、Proof of Stake(PoS)を使用しており、ブロックチェーンの運営に参加するノードは、一定量のNEARトークンをステーキングする必要があります。NEAR Protocolは、高速なトランザクション処理を可能にするため、シャーディング技術を使用しています。

NEAR Protocolは、開発者がアプリケーションを構築し、デプロイするために必要なツールを提供しています。例えば、NEAR SDKを使用することで、JavaScriptやRustなどの言語でスマートコントラクトを開発することができます。また、NEAR Walletを使用することで、ユーザーがアプリケーションにアクセスし、トランザクションを行うことができます。

NEAR Protocolは、分散型のアプリケーションを構築するための多くの利点を提供します。高速かつスケーラブルなブロックチェーンの技術を使用することで、開発者は、セキュアで透明性の高いアプリケーションを構築することができます。さらに、NEAR Protocolは、開発者がアプリケーションを開発し、展開するために必要なツールを提供し、ブロックチェーンのエントリーバリアを下げることができます。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の概要

NEAR Protocolは、分散型アプリケーション(DApps)の開発と実行を目的としたオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。NEAR Protocolは、高速でスケーラブルなブロックチェーンプロトコルを提供し、開発者が簡単かつ迅速にDAppsを構築、テスト、実行することができるようになっています。

NEAR Protocolは、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを使用しています。これは、ブロックチェーンのセキュリティを確保するために、ネットワークの参加者が自己資金を使用してブロックを検証する方法です。PoSにより、NEAR Protocolは高速でエネルギー効率が高く、トランザクションの処理速度が向上しました。

NEAR Protocolは、スマートコントラクトを使用してDAppsを構築します。これにより、NEARプラットフォーム上で動作するアプリケーションの開発者は、プログラマブルなビジネスロジックを記述して、自己実行型のアプリケーションを作成することができます。

NEAR Protocolの目的は、ブロックチェーン技術をよりアクセスしやすく、使いやすくすることです。開発者がプログラミングの経験を持っていなくても、NEAR Protocol上で簡単にアプリケーションを構築できるようにすることが目指されています。

創設者は誰?

NEAR Protocolの創設者は、イリヤ・ポチョムキン(Ilya Polosukhin)、エリック・メルツァー(Eric Meltzer)、アレクサンダー・スコボレフ(Alexander Skidanov)の3人です。

イリヤ・ポチョムキンは、GoogleやFacebookなどの大手企業でソフトウェアエンジニアとしての経験を持ち、人工知能、自然言語処理、コンパイラなどの分野に取り組んできました。

エリック・メルツァーは、仮想通貨やブロックチェーンの投資家であり、ブロックチェーン関連のスタートアップ企業のアドバイザーを務めてきました。

アレクサンダー・スコボレフは、Googleのソフトウェアエンジニアリング部門で働いており、分散型データベースの開発に関わってきました。

NEAR Protocolは、2018年に設立されました。彼らのビジョンは、ブロックチェーン技術をよりアクセスしやすく、使いやすくすることで、より多くの人々がブロックチェーンを活用できるようにすることでした。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の現在のチャート

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の仕組み

NEAR Protocolは、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを使用したスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームです。

以下にNEAR Protocolの仕組みについて説明します。

  • ノードNEAR:Protocolでは、ブロックチェーンの管理に必要なノードが2つあります。
    ・Validatorノード:ブロックを検証するためのノード
    ・Archiveノード:ブロックチェーン全体を保存するためのノードユーザーがトランザクションを送信すると、Validatorノードがそれを検証してブロックに追加し、Archiveノードがブロックを保存します。
  • スマートコントラクト:NEAR Protocolでは、スマートコントラクトを使用してDAppsを構築します。スマートコントラクトは、プログラマブルなビジネスロジックを記述して、自己実行型のアプリケーションを作成するためのツールです。スマートコントラクトは、NEARプラットフォーム上で動作します。
  • ファイルシステム:NEAR Protocolでは、IPFS(InterPlanetary File System)を使用した分散型ファイルシステムを提供しています。これにより、DAppsに必要なファイルを効率的に保存し、配信することができます。
  • パブリックキーインフラストラクチャ:NEAR Protocolでは、Ed25519暗号化アルゴリズムを使用して、パブリックキーインフラストラクチャを実装しています。これにより、ユーザーは安全にアカウントを作成し、NEAR Protocol上でのトランザクションに署名することができます。
  • 統合開発環境(IDE):NEAR Protocolは、NEAR Studioと呼ばれるオンラインの統合開発環境(IDE)を提供しています。NEAR Studioは、開発者がNEARプラットフォーム上でDAppsを開発、テスト、デプロイするためのツールを提供します。

NEAR Protocolは、高速でスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームであり、開発者が簡単かつ迅速にDAppsを構築、テスト、実行することができるようになっています。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の特徴

NEAR Protocolの特徴には、以下のようなものがあります。

  • スケーラビリティ:NEAR Protocolは、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを採用しており、高速かつスケーラブルなトランザクション処理を実現しています。また、NEAR Protocolは、シャード(分割されたブロックチェーン)を使用することで、スケーラビリティを更に高めることができます。
  • コスト効率性:NEAR Protocolは、低いトランザクション料金を提供することで、コスト効率性を実現しています。このため、小規模なトランザクションから、大規模な取引まで、幅広い用途に対応することができます。
  • インターフェースの使いやすさ:NEAR Protocolは、開発者が簡単かつ迅速にDAppsを開発、デプロイ、テストすることができるように、使いやすいインターフェースを提供しています。また、NEAR Studioと呼ばれるオンラインの統合開発環境(IDE)を提供しており、開発者がスムーズに作業を進めることができます。
  • 開発者向けのサポート:NEAR Protocolは、開発者向けのサポートを積極的に提供しています。NEAR Protocolのコミュニティは、開発者向けのドキュメント、フォーラム、チュートリアルなどを提供しており、開発者がNEAR Protocolを使ってDAppsを開発する際に必要な情報を提供しています。
  • 拡張性:NEAR Protocolは、開発者が独自のスマートコントラクトを作成し、それをNEAR Protocol上で実行することができるようになっています。これにより、開発者はNEAR Protocolの機能を拡張することができ、より多くの用途に対応することができます。

NEAR Protocolは、スケーラビリティやコスト効率性、使いやすさ、開発者向けのサポート、拡張性などの特徴を持ち、ブロックチェーン技術をより多くの人々にアクセス可能にすることを目指しています。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の将来性

NEAR Protocolは、高速かつスケーラブルなブロックチェーンプラットフォームとして、将来性があるとされています。

以下に、NEAR Protocolの将来性についての考え方をいくつか挙げてみます。

  • DAppsの需要増加による需要の拡大:NEAR Protocolは、分散型アプリケーション(DApps)の開発に適しており、DAppsの需要が増加するにつれて、NEAR Protocolに対する需要も増加すると予想されます。
  • エンタープライズ向けの開発:NEAR Protocolは、スマートコントラクトの実装や、高速かつ安全なトランザクション処理が可能なため、エンタープライズ向けの開発に適しています。企業や組織がNEAR Protocolを採用することで、ビジネスプロセスの改善やコスト削減などの効果が期待できます。
  • デベロッパーコミュニティの拡大:NEAR Protocolは、開発者向けのサポートが充実しており、NEAR Protocolを使ったDAppsの開発が比較的簡単にできるため、開発者コミュニティの拡大が予想されます。これにより、NEAR Protocol上で動作するDAppsの数や品質が向上することが期待されます。
  • インフラストラクチャーの成熟:NEAR Protocolのエコシステムには、ノードオペレーター、ウォレット開発者、デザイナー、エンジニアなど、様々な役割を持つ人々が参加しています。NEAR Protocolのインフラストラクチャーがより成熟することで、NEAR Protocolのエコシステム全体がより安定し、発展することが期待されます。

NEAR Protocolは、高速かつスケーラブルなトランザクション処理を実現するブロックチェーンプラットフォームとして、将来性があるとされています。

DAppsの需要増加、エンタープライズ向けの開発、開発者コミュニティの拡大、インフラストラクチャーの成熟など、様々な要因がNEAR Protocolの成長を後押ししています。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)の強みと弱み

強み

  • 高速かつスケーラブルなトランザクション処理:NEAR Protocolは、高速かつスケーラブルなトランザクション処理を実現するブロックチェーンプラットフォームです。NEAR Protocolでは、分散型アプリケーション(DApps)の開発が容易になるため、DAppsの需要が増加するにつれてNEAR Protocolに対する需要も増加すると予想されます。
  • エンタープライズ向けの開発に適している:NEAR Protocolは、スマートコントラクトの実装や、高速かつ安全なトランザクション処理が可能なため、エンタープライズ向けの開発に適しています。企業や組織がNEAR Protocolを採用することで、ビジネスプロセスの改善やコスト削減などの効果が期待できます。
  • 開発者向けのサポートが充実している:NEAR Protocolは、開発者向けのサポートが充実しており、NEAR Protocolを使ったDAppsの開発が比較的簡単にできるため、開発者コミュニティの拡大が予想されます。これにより、NEAR Protocol上で動作するDAppsの数や品質が向上することが期待されます。
  • セキュリティが高い:NEAR Protocolでは、スマートコントラクトのセキュリティに重点が置かれています。NEAR Protocolでは、スマートコントラクトの実行に必要な手順が分割されているため、攻撃者による悪意のあるトランザクションの実行を防ぐことができます。

弱み

  • 新しいプラットフォームであるため、まだ開発が進んでいる段階である:NEAR Protocolは、まだ比較的新しいプラットフォームであり、現在も開発が進んでいる段階です。そのため、現在はまだ不安定な面もあります。
  • エコシステムがまだ小規模である:NEAR Protocolのエコシステムは、まだ小規模であり、他のブロックチェーンプラットフォームと比較すると、DAppsの数や品質がまだまだ不足しているという課題があります。
  • ブロックチェーンプラットフォーム市場において、競合相手が多い:NEAR Protocolは、ブロックチェーンプラットフォーム市場において、競合相手が多いです。EthereumやPolkadot、Cardanoなどのブロックチェーンプラットフォームが、NEAR Protocolと同様に高速でスケーラブルなトランザクション処理を提供しています。
  • 暗号通貨市場の変動性が大きいため、価格変動リスクがある:NEAR ProtocolのネイティブトークンであるNEARトークンは、暗号通貨市場で取引されるため、価格変動リスクがあります。NEARトークンの価格が大きく変動した場合、ユーザーや開発者は、NEAR Protocolに対する信頼性に影響を受ける可能性があります。

NEAR Protocolは高速かつスケーラブルなトランザクション処理やエンタープライズ向けの開発に適しているという強みがありますが、まだ開発が進んでいる段階であることや競合相手が多いことなどの課題もあります。

しかし、NEAR Protocolの開発者コミュニティが拡大していることや、エコシステムの拡大が期待されていることから、将来的に成長する可能性が高いと言えます。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)とパートナーシップを組んでいる企業など

NEAR Protocolは、多くの企業やプロジェクトとパートナーシップを結んでいます。

以下は、NEAR Protocolのパートナー企業やプロジェクトの例です。

  • Oasis Foundation – オープンソースのブロックチェーンプラットフォームであるOasis Networkとのパートナーシップを結んでおり、両社のテクノロジーを組み合わせたプロジェクトの開発を進めています。
  • Gitcoin – オープンソースの開発者支援プラットフォームであるGitcoinと提携し、NEAR Protocol上での開発者向けのプログラミングコンテストを開催しています。
  • Paras – デジタルアートオークションプラットフォームであるParasと提携し、NEAR Protocol上でのNFT(非代替性トークン)の発行や取引を実現しています。
  • Mintbase – NFTの発行や販売を簡単に行えるツールを提供するMintbaseと提携しています。
  • SushiSwap – 分散型取引所のSushiSwapと提携し、NEAR Protocol上でのスワップトレーディングを実現しています。

その他、多くの企業やプロジェクトとのパートナーシップを結んでおり、NEAR Protocolのエコシステムを拡大しています。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)に投資すべきか?

NEAR Protocolに対して投資する価値があるかどうかは、投資家が自身で検討する必要がありますが、以下の点を考慮するとNEAR Protocolに投資する価値があると考えられます。

  • 技術的な強み – NEAR Protocolは、高速かつスケーラブルなトランザクション処理を実現する技術を持っています。また、開発者にとっても使いやすい環境を提供することで、エコシステムの成長に貢献しています。
  • エコシステムの成長 – NEAR Protocolは、多くのパートナー企業やプロジェクトと協力しており、エコシステムを拡大しています。また、開発者コミュニティが活発であることも投資価値につながる要因となります。
  • 市場の成長 – ブロックチェーン技術によるデジタルトランスフォーメーションが進む中、NEAR Protocolが提供する技術やエコシステムは、市場の成長に貢献する可能性が高いと考えられます。
  • 成熟度の高まり – NEAR Protocolは、開発が進んでおり、本格的なサービス提供に向けた準備が進んでいます。これにより、投資家がリスクを抑えつつ、将来的な成長を期待することができます。

しかしながら、暗号通貨市場は非常に変動的であり、価格変動リスクがあることは忘れてはなりません。

また、NEAR Protocolにはまだ課題もあり、競合相手が多いことも投資価値に影響する要因となります。

したがって、投資を検討する場合には、自己責任で慎重に判断することが重要です。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)についてわかりやすく説明すると…

NEAR Protocolは、コンピューターシステムでお金やデータを管理する技術です。

例えば、小銭を管理する財布のようなイメージです。

NEAR Protocolは、人々が財布からお金を出し入れするように、デジタルのお金を管理することができます。

そして、これらの取引は、ネットワーク上で非常に早く、かつ安全に行うことができます。

また、NEAR Protocolは、多くの人々が協力して作り上げるコミュニティーで成り立っています。

このコミュニティーでは、一緒に技術を開発し、より良いシステムを作り上げることを目指しています。

NEAR Protocolは、将来的には、多くの人々が利用するようなデジタルのサービスやアプリケーションを実現することができる技術です。

例えば、ゲームや音楽など、様々なものが作れるのです。

NEAR Protocol(NEAR:ニアープロトコル)のウェブサイトやツイッターなど

以下のウェブサイトやブログ、ツイッターなどから最新情報をチェックしてください。

・ウェブサイト

NEAR | The OS for an Open Web
"NEAR isn’t just a Layer 1 blockchain — it’s the Blockchain Operating System for an Open Web. Create and discover decentralized ap...

・ブログ

https://near.org/blog/
NEAR Protocol – Medium
NEAR is the network for a world reimagined. Through simple, secure, and scalable technology, millions are empowered to invent and ...

・ホワイトペーパー

Hello from NEAR Wiki | NEAR Wiki
Description will go into a meta tag in

・Github

NEAR
Developer platform to create apps that put users back in control of their data and assets. - NEAR

・Twitter

https://twitter.com/NEARProtocol

・Telegram

NEAR Protocol Official
NEAR is an open source platform that enables creators, communities, and financial markets to drive a more open, interconnected and...

・WeChat

https://near.org/ecosystem/community/wechat/

・CoinMarketCap

NEAR Protocol(NEAR)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
The live NEAR Protocol price today is ¥152.27 JPY with a 24-hour trading volume of ¥4,697,012,846.08 JPY. We update our NEAR to JP...

・CoinGecko

Attention Required! | Cloudflare

【PR】おすすめ仮想通貨取引所ご紹介


Bitget
口座開設はこちらから!

メリット

  • コピートレードが可能
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 追証が発生しないゼロカットシステムを採用
  • 口座開設がとても簡単
  • 日本語対応
  • クレジットカードで仮想通貨を購入ができる
  • 安全性が高く安心して取引できる
  • 豊富な取引銘柄を準備
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない
  • 仮想通貨入金の際に最低入金額が設定されている
  • 出金手数料がやや高め

Bitgetの口座開設はこちらからどうぞ!

MEXC Global
口座開設はこちらから!

メリット

  • 約1,100種類以上の銘柄を取り扱っており、現物取引や最大レバレッジ200倍の先物取引ができる
  • クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる
  • 日本語対応
  • 頻繁に開催されるキャンペーンでボーナスやエアドロップがもらえる
  • 世界5カ国で安全な取引所として認められている
  • 新規仮想通貨の上場が早い
  • 主要な取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • サブアカウント機能でリスク分散が可能
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 取引手数料が高い
  • 日本円の取引に対応していない
  • 注文が約定しない場合がある
  • 法定通貨での入出金ができない

MEXC Globalの口座開設はこちらからどうぞ!

コイン・トークン草コイン(アルトコイン)
COIN MEMO
タイトルとURLをコピーしました