Chainlink(LINK:チェーンリンク)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説

コイン・トークン
この記事は約12分で読めます。

Chainlink(チェーンリンク)は、スマートコントラクトと現実世界のデータを接続するオラクルサービスを提供するブロックチェーンプロジェクトです。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行されるプログラムのことで、自動化された契約や取引を実現するために使用されます。

Chainlinkは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトが必要とするデータを、現実世界のデータソースから安全に取得し、スマートコントラクトに提供することができます。たとえば、天気予報、株価、為替レートなどのデータを取得し、スマートコントラクトに組み込むことができます。

Chainlinkは、多数のデータソースからデータを取得し、そのデータをチェーンリンクのトークンであるLINKトークンを使って報酬を支払うことができます。LINKトークンは、Chainlinkプラットフォームの取引手数料や、データプロバイダーへの報酬などに使用されます。

Chainlinkは、DeFi(分散型ファイナンス)や保険、賭博など、スマートコントラクトが利用されるあらゆる分野で使用されることが期待されています。また、Chainlinkは、現実世界のデータをブロックチェーン上に取り込むことで、ブロックチェーンの有用性を拡大することも期待されています。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の概要

Chainlinkは、スマートコントラクト(自動契約)に外部のデータやリソースを接続するための分散型オラクル・ネットワークです。

スマートコントラクトは自己完結型であるため、外部の情報を利用するには外部から情報を提供する仕組みが必要になります。Chainlinkは、スマートコントラクトに必要な情報を提供するための分散型オラクル・ネットワークを提供しています。Chainlinkネットワークには、世界中の膨大な数のオラクルが参加しており、データを確実に提供することで、スマートコントラクトに正確な情報を提供することができます。

Chainlinkは、Ethereumなどのブロックチェーン上で動作する分散型アプリケーション(DApps)に対応しています。ChainlinkのトークンであるLINKは、オラクル・ネットワーク内の取引に使用されます。また、Chainlinkは、デファイ(分散型金融)の分野で注目を集めており、価格情報や市場データなどのリアルタイム情報の提供に役立っています。

Chainlinkの創設者は、Sergey NazarovとSteve Ellisです。

Sergey Nazarovは、Chainlinkのアイデアを提案した人物であり、CEOとしてチームを率いています。彼は、ブロックチェーン技術を活用したデータと契約の自動化に関する経験を持ち、スマートコントラクトやオラクルの分野で長年のキャリアを持っています。

Steve Ellisは、ChainlinkのCTO(最高技術責任者)です。彼は、Sergey Nazarovと共にChainlinkを設立し、オラクル技術の開発に取り組んでいます。彼は、分散型システムの設計やセキュリティに関する知識を持ち、Chainlinkの技術開発に重要な役割を果たしています。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の現在のチャート

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の仕組み

Chainlinkの仕組みは以下のようになります。

  • スマートコントラクトにリクエストが送信される:Chainlinkを利用する開発者は、スマートコントラクト内にリクエストを送信するためのコードを書きます。
  • Chainlinkノードがリクエストを受信:Chainlinkノードは、スマートコントラクトから送信されたリクエストを受信し、Chainlinkネットワーク内のオラクルに送信します。
  • オラクルがデータを提供:Chainlinkネットワーク内の複数のオラクルが、リクエストに応じて必要なデータを提供します。
  • Chainlinkノードがデータを受信:Chainlinkノードは、オラクルから受信したデータをチェーン上のスマートコントラクトに戻します。
  • スマートコントラクトがデータを処理:スマートコントラクトは、Chainlinkノードから受信したデータを処理し、必要に応じて契約を自動実行します。

 

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の特徴

Chainlinkの特徴は以下のようになります。

  • データの高品質性:Chainlinkは、多数のオラクルが参加する分散型オラクル・ネットワークを提供しています。このため、高品質で信頼性の高いデータを提供することができます。
  • 多様性のあるデータソース:Chainlinkは、多様性のあるデータソースを利用することができます。オラクルは、データの取得にさまざまなAPIやシステムを使用することができます。
  • オープンソースの開発:Chainlinkは、オープンソースのプロジェクトとして開発されており、誰でもコードにアクセスして変更や改善を行うことができます。
  • セキュリティ:Chainlinkは、セキュリティにも注力しています。Chainlinkは、スマートコントラクトを実行する上で重要な役割を果たすため、セキュリティに関する懸念が高まっています。Chainlinkは、多層のセキュリティ機能を備えており、攻撃に対する防御力を高めています。
  • 柔軟性:Chainlinkは、多くのブロックチェーンプラットフォームと互換性があり、さまざまなスマートコントラクトに対応しています。また、Chainlinkは、多様な開発言語をサポートしています。これにより、開発者は自分たちが使用しているプラットフォームと言語に合わせてChainlinkを利用することができます。
  • ネットワーク効果:Chainlinkは、分散型オラクル・ネットワークの規模が大きいほど、より高いセキュリティとデータ品質を提供することができます。このように、Chainlinkは、ネットワーク効果によって成長し、より多くのオラクルが参加することで、より高い価値を提供することができます。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の将来性

Chainlinkの将来性については、以下のような理由が挙げられます。

  • 分散型オラクル・ネットワークの需要増加:分散型アプリケーションの普及が進んでいる現在、分散型オラクル・ネットワークの需要が増加しています。これにより、Chainlinkは、分散型オラクル・ネットワークのリーディングプレーヤーとなり、成長することが期待されます。
  • 多様なブロックチェーンプラットフォームとの互換性:Chainlinkは、多くのブロックチェーンプラットフォームと互換性があり、さまざまなスマートコントラクトに対応しています。このように、Chainlinkは、多くのブロックチェーンプロジェクトにとって重要なインフラストラクチャとなり、需要が増加することが期待されます。
  • 企業との提携:Chainlinkは、大手企業と提携し、実際のビジネスケースに応用されることが期待されています。例えば、Chainlinkは、Google Cloudと提携して、分散型オラクル・ネットワークを提供しています。このような提携により、Chainlinkは、ビジネスユースケースにおいても採用され、成長することが期待されます。
  • 開発者コミュニティの成長:Chainlinkは、オープンソースのプロジェクトとして開発されており、広範な開発者コミュニティによってサポートされています。このようなコミュニティの成長により、Chainlinkの技術的な進歩や新しいアプリケーションの開発が期待されます。

これらの理由から、Chainlinkは、分散型オラクル・ネットワーク市場のリーディングプレーヤーとして成長することが期待されています。

ただし、ブロックチェーン技術の発展にともない、競合他社も現れる可能性があるため、市場動向に注視する必要があります。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)の強みと弱み

強み

  • 分散型オラクル・ネットワークの先駆け:Chainlinkは、分散型オラクル・ネットワークの先駆けとして、その市場をリードしています。分散型オラクル・ネットワークは、ブロックチェーンにおいてスマートコントラクトの信頼性を確保するために必要な技術であり、需要が高まっていることから、Chainlinkの存在価値が高いと言えます。
  • ブロックチェーンプラットフォームとの互換性:Chainlinkは、多くのブロックチェーンプラットフォームと互換性があり、さまざまなスマートコントラクトに対応しています。これにより、Chainlinkは、多くのプロジェクトにとって、必要不可欠なインフラストラクチャとなっています。
  • 大手企業との提携:Chainlinkは、Google Cloudなど、多くの大手企業と提携しています。これにより、Chainlinkは、ビジネスユースケースにおいても、採用される可能性が高くなっています。

弱み

  • オラクルの中央集権化:Chainlinkのオラクルノードは、中央集権化されたものであり、オラクルに偏りが生じる可能性があります。また、オラクルノードが攻撃を受けた場合、スマートコントラクトに悪影響が及ぶ可能性があります。
  • テクニカルリスク:Chainlinkは、テクニカルな問題やバグにより、スマートコントラクトに影響を与える可能性があります。そのため、Chainlinkを使用する際には、セキュリティ面に特に注意が必要です。
  • ネットワークの規模:Chainlinkは、まだ新しい技術であり、ネットワークの規模が小さいため、オラクルノードの数が限られています。これにより、オラクルの信頼性に問題が生じる可能性があります。

技術的な進歩や市場動向など、様々な要因に影響されるため、Chainlinkを取り巻く状況には常に注意が必要です。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)とパートナーシップを組んでいる企業など

Chainlinkは、多くの企業やプロジェクトと提携しています。

以下は、Chainlinkが提携している主な企業やプロジェクトの一部です。

  • Google Cloud:Google Cloudは、Chainlinkのオラクル・ネットワークを利用して、ブロックチェーンプロジェクトに対して、安全かつ信頼性の高いデータを提供しています。
  • SWIFT:SWIFTは、Chainlinkと提携し、分散型オラクルを使用して、銀行業界においてスマートコントラクトによる取引の自動化を実現することを目指しています。
  • Hedera Hashgraph:Hedera Hashgraphは、Chainlinkのオラクル・ネットワークを使用して、Hederaのネットワーク内のデータをスマートコントラクトに提供することを計画しています。
  • Polkadot:Polkadotは、Chainlinkと提携し、Polkadotのネットワーク上でのオラクル機能を実現するための開発を進めています。
  • UNICEF:Chainlinkは、国連児童基金(UNICEF)と提携して、ブロックチェーンを活用した人道支援プロジェクトの実現を目指しています。
  • Celsius Network:Celsius Networkは、Chainlinkのオラクル・ネットワークを使用して、仮想通貨価格情報を提供し、Celsius Networkのプラットフォーム内での高度な金融サービスを提供しています。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)に投資すべきか?

個人の投資目的やリスク許容度によって異なりますが、以下のポイントを参考にすることができます。

  • ブロックチェーン技術の成長に伴う需要の拡大:ブロックチェーン技術がますます普及していく中で、その信頼性とセキュリティが重要な課題となっています。Chainlinkは、その課題に対する解決策を提供し、オフチェーンのデータをスマートコントラクトに提供することができるため、今後の需要の拡大が期待されます。
  • 多くの企業との提携:Chainlinkは、GoogleやSWIFT、Hedera Hashgraph、Polkadotなど、多くの企業と提携しています。これにより、Chainlinkはブロックチェーン技術を活用した多くのプロジェクトで使用される可能性が高くなっています。
  • 独自の技術:Chainlinkは、独自の技術を持っており、その技術が高い評価を受けています。例えば、Chainlinkは、スマートコントラクトにオフチェーンのデータを提供するためのトークンエコノミーを構築しており、その構造が合理的であると評価されています。
  • チームの経験と実績:Chainlinkの創設者および開発チームは、ブロックチェーン業界に長年携わっており、それぞれ優れた経歴を持っています。また、Chainlinkはオープンソースのプロジェクトであり、多数のコントリビューターが開発に参加しています。

以上のポイントから、Chainlinkに投資するかどうかは、投資家自身が慎重に判断する必要があります。

ただし、Chainlinkは、ブロックチェーン技術の重要な課題を解決するためのソリューションを提供しており、その需要は今後も拡大していくことが期待されています。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)についてわかりやすく説明すると…

Chainlinkは、インターネット上で情報を取得し、それをブロックチェーン上のプログラムに伝えるための仕組みです。

例えば、インターネットで天気予報を調べると、それはインターネット上の情報として存在しています。

しかし、ブロックチェーン上のプログラムがその情報を使うためには、その情報をブロックチェーン上に移さなければなりません。

その時、Chainlinkが活躍するのです。

Chainlinkは、インターネット上の情報を集める「オラクル」と呼ばれる役割を持っています。そして、オラクルが集めた情報をブロックチェーン上のプログラムに届けます。

これにより、ブロックチェーン上のプログラムは、オフチェーンで発生した事象に基づいて、自動的に決定を下すことができます。

例えば、小学生が「明日の天気が晴れなら遠足に行く」と決めた場合、その決定をブロックチェーン上のプログラムに伝えることができます。

そして、Chainlinkが天気予報を調べ、晴れだった場合には、プログラムが自動的に「遠足に行く」という結論を出すことができます。

つまり、Chainlinkは、ブロックチェーン上のプログラムに必要な情報を提供することで、より正確で信頼性の高い自動的な判断を可能にする役割を持っています。

Chainlink(LINK:チェーンリンク)のウェブサイトやツイッターなど

以下のウェブサイトやブログ、ツイッターなどから最新情報をチェックしてください。

・ウェブサイト

Chainlink: The Industry-Standard Web3 Services Platform
Chainlink connects the world to blockchains—enabling developers, startups, and enterprises to build tangible use cases that unlock...

・ブログ

Chainlink Blog
The authoritative, universal hub for Web3 content. Dive into everything from core crypto concepts to advanced technical tutorials.
Chainlink News and Announcements | Chainlink
The latest updates on Chainlink, from product releases and integration announcements to hackathon winners and media mentions.
Chainlink – Medium
This Medium is no longer updated. Please visit for the latest.

・ホワイトペーパー

Chainlink 2.0 and the future of Decentralized Oracle Networks | Chainlink
This whitepaper lays out how the Chainlink Network will evolve to enable feature-rich hybrid smart contracts through a wide range ...

・Github

SmartContract
SmartContract has 279 repositories available. Follow their code on GitHub.

・Twitter

https://twitter.com/chainlink

・Reddit

Reddit - Dive into anything

・Telegram

Chainlink Official
The Offical Telegram of the ChainLink Community (Please see our pinned post for rules and resources)

・CoinMarketCap

Chainlink(LINK)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
The live Chainlink price today is ¥1,071.41 JPY with a 24-hour trading volume of ¥27,470,679,078.90 JPY. We update our LINK to JPY...

・CoinGecko

Attention Required! | Cloudflare

 

【PR】おすすめ仮想通貨取引所ご紹介


Bitget
口座開設はこちらから!

メリット

  • コピートレードが可能
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 追証が発生しないゼロカットシステムを採用
  • 口座開設がとても簡単
  • 日本語対応
  • クレジットカードで仮想通貨を購入ができる
  • 安全性が高く安心して取引できる
  • 豊富な取引銘柄を準備
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない
  • 仮想通貨入金の際に最低入金額が設定されている
  • 出金手数料がやや高め

Bitgetの口座開設はこちらからどうぞ!

MEXC Global
口座開設はこちらから!

メリット

  • 約1,100種類以上の銘柄を取り扱っており、現物取引や最大レバレッジ200倍の先物取引ができる
  • クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる
  • 日本語対応
  • 頻繁に開催されるキャンペーンでボーナスやエアドロップがもらえる
  • 世界5カ国で安全な取引所として認められている
  • 新規仮想通貨の上場が早い
  • 主要な取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • サブアカウント機能でリスク分散が可能
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 取引手数料が高い
  • 日本円の取引に対応していない
  • 注文が約定しない場合がある
  • 法定通貨での入出金ができない

MEXC Globalの口座開設はこちらからどうぞ!

コイン・トークン草コイン(アルトコイン)
COIN MEMO
タイトルとURLをコピーしました