Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説

Ethereum(イーサリアム)
この記事は約12分で読めます。

Ethereum Classic (イーサリアムクラシック、ETC) は、2016年7月に発生したイーサリアム (Ethereum) のハードフォークによって誕生したブロックチェーンネットワークです。

ハードフォークとは、ソフトウェアの変更により、新しいブロックチェーンが作成されることを指します。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムの元のコードベースを継承していますが、ハードフォーク後に新しいルールに従ってブロックチェーンが分岐したため、イーサリアムクラシックのブロックチェーンは、イーサリアムとは別の分岐したブロックチェーンになります。

イーサリアムクラシックの最も重要な特徴は、不変性 (immutability) です。

つまり、ブロックチェーン上で行われたすべての取引やコントラクトは、変更できないということです。

これは、ブロックチェーンの信頼性を高めるために非常に重要な要素です。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様に、スマートコントラクトを実行することができます。

スマートコントラクトは、条件に基づいて自動的に実行されるプログラムであり、様々な分野で活用されています。

イーサリアムクラシックは、暗号通貨の一種であり、取引には独自の通貨であるETCが使用されます。

ETCは、世界中の多くのオンラインストアで支払い手段として受け入れられています。

また、一部の国では、法定通貨として認められている仮想通貨の一つでもあります。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の概要

イーサリアムクラシック (Ethereum Classic) は、イーサリアム (Ethereum) ブロックチェーンのオリジナルバージョンであり、2016年に発表された初期のバージョンのことを指します。

ツイッターなどのSNSなどでは「イクラ」や「イークラ」「ETC」などで呼ばれています。

イーサリアムクラシックの創設者はイーサリアムの創設者と同じでビタリック・ブテリン (Vitalik Buterin) 氏です。ただし、イーサリアムクラシックの現在の開発と運営は、イーサリアムとは異なるコミュニティによって行われています。そのため、イーサリアムクラシックの開発や運営に深く関わった人々が、実質的な創設者と見なされることもあります。しかし、イーサリアムクラシックには明確な創設者という概念は存在しません。

2016年の DAO ハック事件と呼ばれる出来事により、イーサリアムの開発者は、DAOトークンの盗難を防ぐためにブロックチェーンのフォーク (分岐) を行いました。イーサリアムのフォークにより、盗難されたDAOトークンは返還され、ユーザーの資金は守られました。しかし、一部の人々は、ブロックチェーンのイミュータビリティ (不変性) を維持するために、フォークに反対し、オリジナルバージョンを維持することを決めました。それがイーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムとは別のコミュニティや開発者によってサポートされ、独自の進化を遂げています。ただし、イーサリアムと同様に、スマートコントラクトや分散型アプリケーションの実行が可能で、イーサリアムクラシック上で独自のトークンを作成することもできます。

イーサリアムについては下記の記事をご覧ください。

Ethereum(イーサリアム)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説
第二のBitcoin(ビットコイン)と呼ばれている、Ethereum(イーサリアム)について、特徴・将来性・強み弱みなど詳しく解説しています。|イーサリアム(Ethereum)は、ブロックチェーン技術をベースにした、スマートコントラクトを実行するための分散型コンピュータープラットフォームです。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の現在のチャート

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の仕組み

イーサリアムクラシックは、スマートコントラクトの実行と分散型アプリケーションの実行を可能にするオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。以下、イーサリアムクラシックの仕組みです。

  • Proof of Work (PoW):イーサリアムクラシックは、ブロック生成に Proof of Work (PoW) アルゴリズムを使用しています。ブロックを生成するマイナーが、問題を解決することでトランザクションを検証し、ブロックチェーンに追加することができます。
  • スマートコントラクト:イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様に、スマートコントラクトの実行が可能です。スマートコントラクトは、自己実行型のプログラムであり、契約や取引を自動的に処理することができます。イーサリアムクラシックのスマートコントラクトは、Solidityと呼ばれるプログラミング言語で書かれます。
  • ガス:イーサリアムクラシックには、トランザクション実行に必要なコストを決定する「ガス」と呼ばれるシステムがあります。トランザクションを実行する際に必要なガス量は、トランザクションの複雑さに応じて異なります。ガスは、ブロック生成者によって受け取られる手数料として機能します。
  • マイニング報酬:マイナーは、ブロック生成の報酬として、ブロックに含まれるトランザクションの手数料と、新たに生成されたイーサリアムクラシックトークンを受け取ることができます。
  • クラシックエスピーアイ (Ethereum Classic SPV):クラシックエスピーアイは、軽量ブロックチェーンノードを実現するための技術です。クラシックエスピーアイを使用することで、ノードは完全なブロックチェーンをダウンロードする必要がなく、スマートフォンやブラウザなどのリソースが限られたデバイスでも、トランザクションの検証や送信を行うことができます。
  • ディストリビューテッド・アプリケーション(DApps) イーサリアムクラシック上で、スマートコントラクトを利用した分散型アプリケーション(DApps)を開発することができます。DAppsは、中央集権的な機能を持つ伝統的なアプリケーションとは異なり、ユーザーはアプリケーションの開発に参加することができ、トークンを通じて報酬を得ることもできます。

これらの仕組みにより、イーサリアムクラシックは、分散型アプリケーションの開発や自律的なトークンエコノミーの実現を可能にしています。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の特徴

  • 初期のブロックチェーンの継続性:イーサリアムクラシックは、イーサリアムの初期バージョンのブロックチェーンを維持しています。これにより、初期のスマートコントラクトやDAppsの実行環境が維持され、これまでに開発されたアプリケーションの利用が可能になっています。
  • 開発者向けの柔軟性:イーサリアムクラシックは、EVM(Ethereum Virtual Machine)という仮想マシン上でスマートコントラクトが実行されます。EVMは、コードを実行する仕組みであり、どんなプログラム言語でも使えるため、開発者が使いやすい環境を提供しています。
  • ディストリビューテッド・アプリケーション(DApps)の実行:イーサリアムクラシックは、DAppsの実行を可能にする分散型コンピューターであるため、データやアプリケーションの中央集権的な管理を必要とせず、ユーザーによる開発と管理が可能です。
  • トークンの発行と取引:イーサリアムクラシック上では、イーサリアムクラシックトークン(ETC)の発行が可能であり、ERC-20規格に従ったトークンを発行することもできます。これにより、トークンエコノミーを構築し、DAppsの発展につながります。
  • オープンソースプロジェクト:イーサリアムクラシックは、オープンソースプロジェクトであり、誰でもソースコードにアクセスして自由に改良することができます。このため、コミュニティによって開発が進められ、新しいアイデアや技術が導入されています。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の将来性

イーサリアムクラシックの将来性については意見が分かれるところです。
以下は一般的な考え方や現状をまとめたものです。

  • ブロックチェーンの継続性:イーサリアムクラシックは、イーサリアムの初期のブロックチェーンを継続することで、初期のDAppsやスマートコントラクトの実行環境を維持しています。そのため、これまでに開発されたアプリケーションを使い続けるためには、イーサリアムクラシックが必要な存在と言えます。
  • ユーザーの需要:一方で、イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様の機能を提供するため、イーサリアムとの競合関係にあります。そのため、イーサリアムクラシックが採用されるかどうかは、ユーザーの需要次第となります。
  • コミュニティの発展:イーサリアムクラシックは、オープンソースプロジェクトであり、コミュニティによって開発が進められています。そのため、コミュニティの活動が盛んであれば、イーサリアムクラシックの将来性も高まると考えられます。
  • 開発の進展:イーサリアムクラシックが採用されるかどうかは、イーサリアムとの競争力や開発の進展にもかかっています。イーサリアムに比べて、イーサリアムクラシックの開発は進んでいないとの指摘もあります。そのため、イーサリアムクラシックの将来性については、さらなる開発の進展が必要となります。

以上のように、イーサリアムクラシックの将来性については、まだ不透明な部分もあります。
しかし、過去に開発されたDAppsやスマートコントラクトを使い続けたいユーザーが存在することや、オープンソースプロジェクトとして開発が進められていることなどから、イーサリアムクラシックが継続していく可能性はあると言えます。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)の強みと弱み

強み

  • イーサリアムの初期のコードを維持しているため、従来のDAppsやスマートコントラクトを実行することができる。
  • イーサリアムと同じ仕組みを採用しているため、イーサリアムのコミュニティや開発者にも馴染みがあり、ユーザーの利便性が高い。
  • イーサリアムクラシックはオープンソースのため、誰でも自由に開発に参加することができる。
  • ブロックチェーン技術のディセントラライズドな性質を保っており、信頼性が高い。

弱み

  • ハードフォークによって、一部のユーザーや開発者が移行していったため、イーサリアムクラシックの採用率が低くなっている。
  • イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様の機能を提供するが、イーサリアムよりも機能や開発の進捗に遅れがあると指摘されている。
  • 一部のDAppsやスマートコントラクトのアップデートができないといった問題が生じる場合がある。
  • イーサリアムクラシックの保護やセキュリティの問題があるとされている。

以上のように、従来のDAppsやスマートコントラクトを実行することができる、オープンソースであるなどの強みがありますが、イーサリアムとの競合関係や開発の遅れ、保護やセキュリティの問題などの課題も存在しています。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)とパートナーシップを組んでいる企業など

イーサリアムクラシックは、イーサリアムのフォーク(派生通貨)であり、イーサリアムと同様にスマートコントラクトを実行できるブロックチェーンプラットフォームです。ただ、イーサリアムクラシックはイーサリアムよりも知名度が低く、直接的なパートナーシップが公表されている企業はあまりありません。

ただし、イーサリアムクラシックをサポートする企業やプロジェクトがあります。以下はその例です。

  • ETC Cooperative:ETC Cooperativeは、イーサリアムクラシックの発展を支援する非営利団体です。同団体は、イーサリアムクラシックの開発や普及に関する活動を行っています。
  • IOHK:IOHKは、ブロックチェーンプロジェクトの開発や研究を行う企業です。同社は、イーサリアムクラシックの改良に関する提案を行っており、イーサリアムクラシックの開発に貢献しています。

これらは、イーサリアムクラシックと関連する企業やプロジェクトの例であり、今後もイーサリアムクラシックをサポートする企業が出てくる可能性があります。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)に投資すべきか?

イーサリアムクラシックは、イーサリアムのコードを維持しており、イーサリアムと同じ仕組みを採用しているため、既存のDAppsやスマートコントラクトを実行することができます。
上記の強み弱みにもありますが、オープンソースであるため誰でも自由に開発に参加することができます。ただし、イーサリアムクラシックにも競合関係があるため、イーサリアムと比較して採用率が低くなっていることや、保護やセキュリティの問題があることも指摘されています。

また、仮想通貨市場は非常に不安定であり、価格変動が大きいことも注意が必要です。

自身のリスク許容度や投資目的に応じて、投資対象を選定することが重要です。また、投資に関する情報収集や、プロフェッショナルなアドバイザーの助言を受けることも大切です。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)について子供にもわかりやすく説明すると…

イーサリアムクラシックは、デジタルのお金を扱うことができる「仮想通貨」というものの1つです。

この仮想通貨は、コンピューター上で動く「スマートコントラクト」というプログラムを使って、人々がお金をやりとりすることができます。

たとえば、あなたが友達にお金を貸したとします。

そのとき、スマートコントラクトを使って、友達がお金を返すまで、あなたのお金を借りた友達以外の誰も使えなくすることができます。

これにより、お金を貸したときにトラブルが起きることを防ぐことができます。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムという仮想通貨と似ていますが、一度問題が起きたことに対する対応が違うため、独自の方向性を持っています。

イーサリアムクラシックは、イーサリアムと同様にコンピュータープログラムを実行するための「ガス」という料金を支払うことで、DApps(分散型アプリケーション)やスマートコントラクトを実行することができます。

つまり、イーサリアムクラシックは、お金を扱うプログラムを使って、お金のやりとりを安全に行うことができる仮想通貨です。

しかし、投資にはリスクがあるため、十分に理解したうえで行う必要があります。

 

↓合わせてこちらの記事もおすすめです。↓

Ethereum(イーサリアム)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説
第二のBitcoin(ビットコイン)と呼ばれている、Ethereum(イーサリアム)について、特徴・将来性・強み弱みなど詳しく解説しています。|イーサリアム(Ethereum)は、ブロックチェーン技術をベースにした、スマートコントラクトを実行するための分散型コンピュータープラットフォームです。

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)のウェブサイトやツイッターなど

・ウェブサイト

Ethereum Classic
A decentralized computing platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without downtime, censor...

・ブログ

Ethereum Classic News
A decentralized computing platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without downtime, censor...
ETC Blog - Ethereum Classic News
A decentralized computing platform that runs smart contracts: applications that run exactly as programmed without downtime, censor...

・ホワイトペーパー

Ethereum Classic ETC Whitepaper - The Whitepaper Database
Read the Ethereum Classic ETC Whitepaper and 3000+ other white papers on: www.AllCryptoWhitepapers.com, the biggest Whitepaper Dat...

・Github

Ethereum Classic
Keep the original censorship-resistant Ethereum going! - Ethereum Classic

・Twitter

https://twitter.com/eth_classic

・Reddit

Reddit - Dive into anything

・Telegram

Ethereum Classic ETC
🔍Explorers: ECIP: Listed in: @CryptoGroups > @CurrencyDirectory

・Discord

Discord - A New Way to Chat with Friends & Communities
Discord is the easiest way to communicate over voice, video, and text. Chat, hang out, and stay close with your friends and commun...

・CoinMarketCap

Ethereum Classic price today, ETC to USD live price, marketcap and chart | CoinMarketCap
The live Ethereum Classic price today is .76 USD with a 24-hour trading volume of ,483,042.97 USD. We update our ETC to USD ...

・CoinGecko

Attention Required! | Cloudflare

 

【PR】おすすめ仮想通貨取引所ご紹介


Bitget
口座開設はこちらから!

メリット

  • コピートレードが可能
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 追証が発生しないゼロカットシステムを採用
  • 口座開設がとても簡単
  • 日本語対応
  • クレジットカードで仮想通貨を購入ができる
  • 安全性が高く安心して取引できる
  • 豊富な取引銘柄を準備
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない
  • 仮想通貨入金の際に最低入金額が設定されている
  • 出金手数料がやや高め

Bitgetの口座開設はこちらからどうぞ!

MEXC Global
口座開設はこちらから!

メリット

  • 約1,100種類以上の銘柄を取り扱っており、現物取引や最大レバレッジ200倍の先物取引ができる
  • クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる
  • 日本語対応
  • 頻繁に開催されるキャンペーンでボーナスやエアドロップがもらえる
  • 世界5カ国で安全な取引所として認められている
  • 新規仮想通貨の上場が早い
  • 主要な取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • サブアカウント機能でリスク分散が可能
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 取引手数料が高い
  • 日本円の取引に対応していない
  • 注文が約定しない場合がある
  • 法定通貨での入出金ができない

MEXC Globalの口座開設はこちらからどうぞ!

Ethereum(イーサリアム)コイン・トークン草コイン(アルトコイン)
COIN MEMO
タイトルとURLをコピーしました