Ethereum(イーサリアム)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説

Miloslav HamříkによるPixabayからの画像 Ethereum(イーサリアム)
Miloslav HamříkによるPixabayからの画像
この記事は約12分で読めます。

イーサリアム(Ethereum)は、分散型アプリケーション(DApps)を作成するためのオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。

イーサリアムは、ビットコインのブロックチェーン技術をベースにしており、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行することができます。

これにより、イーサリアムのブロックチェーン上で、様々な分野で利用可能なDAppsを作成することができます。

イーサリアムのトークンは「イーサリアム(ETH)」と呼ばれ、ブロックチェーン内でのトランザクション手数料や、スマートコントラクトの実行に必要なガス料金などに使用されます。

また、イーサリアム上で作成されたDAppsは、ユーザーに対して独自のトークンを発行することができます。

イーサリアムは、現在でもアップグレードが続けられており、将来的にはより高度なスマートコントラクトや、より高速なトランザクション処理が可能になることが期待されています。

Ethereum(イーサリアム)の概要

イーサリアム(Ethereum)は、ブロックチェーン技術をベースにした、スマートコントラクトを実行するための分散型コンピュータープラットフォームです。

ツイッターやSNSなどでは「イーサ」や「イーサリアム」「イーサリウム」「ETH」など呼ばれています。

ロシア出身のプログラマーであるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がイーサリアムを創設しました。彼は、当時19歳だった2013年に白書を発表し、イーサリアムのコンセプトを提唱しました。

Buterin氏は、ビットコインに魅了され、その技術について研究を続けていた若いプログラマーでした。しかし、ビットコインのブロックチェーンは、プログラミング言語が限定的であり、スマートコントラクトのような高度なプログラムを実行することができませんでした。そこでButerin氏は、より柔軟なプログラミング言語を採用した、分散型アプリケーションプラットフォームの構築を提唱しました。

ビットコインと同様に、イーサリアムも分散型のデータベースであるブロックチェーンを利用して、取引やコンピューターアプリケーションを実行することができます。しかし、イーサリアムは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行することによって、より高度なプログラムの実行が可能になっています。

スマートコントラクトは、プログラムによって自動的に実行され、その実行結果がブロックチェーン上に記録されます。これによって、信頼性の高い取引やコンピューターアプリケーションを実行することができます。

イーサリアムは、ビットコインと同様に、暗号通貨としての利用も可能です。また、イーサリアムのブロックチェーン上で開発されたトークンは、ICO(Initial Coin Offering)と呼ばれる資金調達手段にも利用されています。

Ethereum(イーサリアム)の現在のチャート

Ethereum(イーサリアム)の仕組み

イーサリアムは、ブロックチェーン技術をベースにしており、スマートコントラクトという概念を採用しています。以下はイーサリアムの主要な仕組みです。

  • ブロックチェーン:イーサリアムのブロックチェーンは、分散型のデータベースです。取引情報やスマートコントラクトの実行結果が、ブロック単位で記録され、ブロックチェーン上に分散して保存されます。
  • GAS(ガス):イーサリアムには、取引やスマートコントラクトの実行に必要な手数料があります。この手数料を「ガス」と呼びます。ガスは、イーサリアムネットワークを保護するためのものであり、ユーザーは取引やスマートコントラクトを実行するために必要なガスを支払う必要があります。
  • スマートコントラクト:スマートコントラクトは、プログラムによって自動的に実行される契約のことで、ブロックチェーン上で実行されます。スマートコントラクトは、コードによって記述され、その実行結果がブロックチェーン上に記録されます。スマートコントラクトによって、自動化された契約や、プログラムによる自動決済などが実現できます。
  • マイニング→PoS(Proof of Stake):イーサリアムでは、ブロックチェーン上の情報を保護するために、マイニングと呼ばれる作業が行われます。マイナーは、トランザクションを検証し、ブロックを生成することで報酬を得ます。マイニングは、PoW(Proof of Work)と呼ばれるアルゴリズムを利用していますが、現在はより効率的なPoS(Proof of Stake)へ移行されました。(Proof of Stake(PoS)は、ブロックチェーン上での取引承認などに用いられるコンセンサスアルゴリズムの一種です。)

Ethereum(イーサリアム)の特徴

  • スマートコントラクト:イーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行することができます。これは、自動的に契約を履行することができるプログラムであり、多くのビジネスや金融取引に利用されることがあります。スマートコントラクトを用いることで、契約の履行や支払いなどが自動的に実行され、取引の透明性や信頼性が向上するという利点があります。
  • ERCトークン:イーサリアムは、ERCトークンと呼ばれるトークン規格を採用しています。これは、イーサリアム上で発行されるトークンの標準化された規格であり、取引所やウォレットなどのサービスとの連携が容易になるという利点があります。
  • デベロッパーコミュニティ:イーサリアムは、大きなデベロッパーコミュニティを持っており、多くの開発者が新しいアプリケーションやプログラムを開発しています。これにより、イーサリアムは常に進化し続け、新しい機能やアプリケーションが開発されることで、さらに多くのユースケースが生まれる可能性があります。
  • 拡張性:イーサリアムは、PoSの導入やシャーディングと呼ばれる技術により、ネットワークの拡張性を向上させるための取り組みを行っています。これにより、より多くのトランザクションを処理し、より高速な取引を実現することができると期待されています。
  • DAO(分散型自律組織):イーサリアムは、DAOと呼ばれる分散型自律組織を実現することができます。これは、プログラム化されたルールに基づいて、参加者が自律的に意思決定を行う組織であり、中央集権的な権限や管理者が不要となります。このような組織の形成により、民主的な意思決定が促進され、より公正な社会の実現に向けた可能性があるとされています。

Ethereum(イーサリアム)の将来性

イーサリアムの将来性は、以下のような観点から期待されています。

  • スマートコントラクト技術の進化:イーサリアムは、スマートコントラクトという技術を採用しており、これにより多くのビジネスや金融取引に利用されています。今後は、スマートコントラクトの機能がさらに進化し、より高度な契約を実行できるようになると期待されています。
  • DeFi(分散型金融)の拡大:イーサリアムは、DeFi(分散型金融)において非常に重要な役割を担っています。DeFiは、中央集権的な金融機関を介さずに金融取引を行うことができる分散型のシステムであり、今後ますます拡大すると予想されています。イーサリアムは、ERCトークンやスマートコントラクトの技術を活用することで、DeFiの拡大を支援することができると考えられています。
  • シャーディング技術の導入:イーサリアムは、シャーディング技術を導入することで、ネットワークのスケーラビリティを向上させることを目指しています。シャーディングとは、複数のブロックチェーンを作成することで、ネットワークの負荷を分散させる技術であり、トランザクションの処理速度を向上させることができます。シャーディングの導入により、イーサリアムは今後ますます高速でスケーラブルなネットワークに発展すると期待されています。
  • NFT(非代替性トークン)の普及:NFTは、不可分割トークンとも呼ばれ、ある特定のアイテムや資産を表すトークンであり、その所有権がブロックチェーン上で証明されます。NFTは、イーサリアム上で発行されることが多く、アートや音楽、ゲームなど様々な分野での利用が拡大しています。今後もNFT市場は成長が期待され、イーサリアムの需要も増えると予想されています。

以上のような要因から、イーサリアムの将来性は非常に高いと考えられています。

Ethereum(イーサリアム)の強みと弱み

強み

  • スマートコントラクト技術の採用:イーサリアムは、スマートコントラクト技術を採用しており、多くのビジネスや金融取引に利用されています。この技術は、契約の自動化やトランザクションの実行を高速かつ安全に行うことができます。
  • 開発者コミュニティの大きさ:イーサリアムは、多くの開発者コミュニティを有しており、その開発者数は世界中で最も多いブロックチェーンの1つです。このため、イーサリアムは、新しいアプリケーションやサービスの開発に非常に適しています。
  • デファクトスタンダードの地位:イーサリアムは、ブロックチェーン技術のデファクトスタンダードとして認知されています。これは、多くの企業や開発者が、イーサリアムを採用していることを意味しています。
  • 大規模なネットワーク:イーサリアムは、世界中の数百万人のユーザーによって利用されており、そのネットワークは非常に大きいため、トランザクションの処理能力が高いと言えます。

弱み

  • スケーラビリティの課題:現在、イーサリアムのブロックチェーンには、1つのブロックあたりに含めることができるトランザクションの数に制限があります。このため、トランザクションの数が多くなると、ネットワークが過負荷となり、トランザクションの処理速度が遅くなることがあります。この問題に対処するため、イーサリアムでは、Ethereum 2.0と呼ばれるアップグレードを進めており、Proof of Stake(PoS)アルゴリズムを採用して、スケーラビリティの問題に対処する予定です。
  • ネットワークのセキュリティの課題:イーサリアムは、Proof of Work(PoW)からProof of Stake(PoS)に移行するため、セキュリティの問題を抱えています。PoWは、エネルギー消費が大きく、マイニングプールが中心化しやすいという問題がありますが、一方でPoSは、マイナーが攻撃を行う可能性があるという問題があります。イーサリアムは、PoSの採用によって、よりエネルギー効率が高く、よりスケーラブルなネットワークを実現することを目指していますが、その過程でセキュリティの問題が発生する可能性があります。
  • 技術的な複雑さ:イーサリアムは、技術的に複雑なシステムであり、理解するためには高い技術力が必要です。これは、開発者にとっても利用者にとっても、敷居が高くなるという問題があります。また、技術的な複雑さにより、バグやセキュリティの問題が発生する可能性が高くなるという問題もあります。

Ethereum(イーサリアム)とパートナーシップを組んでいる企業など

イーサリアムは、スマートコントラクト機能を備えた分散型アプリケーションを実現するためのプラットフォームとして広く利用されています。
以下に、イーサリアムとパートナーシップを組んでいる企業や団体の一部を紹介します。

  • Microsoft:Microsoftは、イーサリアムを基盤としたブロックチェーンソリューション「Azure Blockchain Workbench」を提供しています。このソリューションは、ビジネスや金融機関など、様々な業界で利用されています。
  • JPモルガン:JPモルガンは、イーサリアムベースのプライベートブロックチェーン「Quorum」を開発しています。このプラットフォームは、金融機関や企業がブロックチェーン技術を利用するためのソリューションを提供しています。
  • ConsenSys:ConsenSysは、イーサリアムの開発者であるジョセフ・ルービンとともに設立された企業で、イーサリアムのエコシステムを支援する様々なサービスを提供しています。
  • Enterprise Ethereum Alliance(EEA):EEAは、企業やアカデミア、開発者などが参加する、イーサリアムのエコシステムを支援する非営利団体です。EEAは、イーサリアムを利用する企業や団体のコラボレーションを促進することを目的としています。

これらは、一部であり、イーサリアムとパートナーシップを組んでいる企業や団体は、今後も増える可能性があります。

Ethereum(イーサリアム)に投資すべきか?

イーサリアムは、スマートコントラクトやDeFiなどの分野で、先進的な技術を提供しており、市場でも大きな注目を集めています。ただし、暴落や暴騰の波が起こることもあるため、注意が必要です。

イーサリアムに投資をする際には、投資目的・投資期間・リスク許容度・資金の管理方法などを考慮し、投資判断を行うことが重要です。また、投資に関する情報を収集し、投資家としての知識とスキルを高めることも大切です。

投資にはリスクが伴いますので、自己責任において行うようにしましょう。

Ethereum(イーサリアム)を子供にもわかりやすく説明すると…

イーサリアムは、インターネットの上でお金を送ったり、プログラムを動かしたりできるシステムです。

例えば、お金を銀行から家族や友達に送ったり、スマートフォンで動くゲームの中で仮想通貨を使ったりすることができます。

イーサリアムのシステムには、多くの人が協力してコンピューターを動かすことで、全体の安全性を保っています。

この協力する仕組みを「みんなで守る」という意味の「Proof of Stake」と呼んでいます。

また、イーサリアムはスマートコントラクトと呼ばれるプログラムを動かすことができます。

スマートコントラクトは、自動的にお金を送ったり、契約を守ったりすることができます。

例えば、お小遣いをもらうために毎日家事をやることを取り決めて、それが自動的にお金になるようにプログラムすることができます。

イーサリアムは、今後ますます多くの人が使うようになる可能性があります。

しかし、リスクもあるので、イーサリアムに投資や利用をする際には、十分な注意が必要です。

 

↓こちらの記事もおすすめです↓

Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)とは? 特徴・将来性・強み弱みなど解説
Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)について、特徴・将来性・強み弱みなど詳しく解説しています。|イーサリアムクラシック (Ethereum Classic) は、イーサリアム (Ethereum) ブロックチェーンのオリジナルバージョンであり、2016年に発表された初期のバージョンのことを指します。

Ethereum(イーサリアム)のウェブサイトやツイッターなど

・ウェブサイト

Home | ethereum.org
Ethereum is a global, decentralized platform for money and new kinds of applications. On Ethereum, you can write code that control...

・ブログ

Home | Ethereum Foundation Blog
Latest news and announcements from the Ethereum Foundation.

・ホワイトペーパー

Ethereum Whitepaper | ethereum.org
An introductory paper to Ethereum, published in 2013 before its launch.

・フォーラム

Ethereum Community Forum
A Next-Generation Smart Contract and Decentralized Application Platform

・Github

ethereum
ethereum has 293 repositories available. Follow their code on GitHub.

・Twitter

https://twitter.com/ethereum

・Reddit

Reddit - Dive into anything

・Gitter

Element

・CoinMarketCap

Ethereum price today, ETH to USD live price, marketcap and chart | CoinMarketCap
The live Ethereum price today is ,557.62 USD with a 24-hour trading volume of ,602,417,294.10 USD. We update our ETH to USD pr...

・CoinGecko

Attention Required! | Cloudflare

こちらの記事もどうぞ

Ethereum 2.0とは? Ethereum 1.0(旧Ethereum)との違いは?
Ethereum 2.0とは?…Ethereum 1.0、Ethereum 2.0との違いを詳しく解説。|Ethereum 2.0は、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーンのアップグレードバージョンであり、Ethereumネットワークの拡張と改善を促進するために開発されています。

 

【PR】おすすめ仮想通貨取引所ご紹介


Bitget
口座開設はこちらから!

メリット

  • コピートレードが可能
  • 最大レバレッジ125倍で取引可能
  • 追証が発生しないゼロカットシステムを採用
  • 口座開設がとても簡単
  • 日本語対応
  • クレジットカードで仮想通貨を購入ができる
  • 安全性が高く安心して取引できる
  • 豊富な取引銘柄を準備
  • スマホアプリがシンプルで使いやすい
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない
  • 仮想通貨入金の際に最低入金額が設定されている
  • 出金手数料がやや高め

Bitgetの口座開設はこちらからどうぞ!

MEXC Global
口座開設はこちらから!

メリット

  • 約1,100種類以上の銘柄を取り扱っており、現物取引や最大レバレッジ200倍の先物取引ができる
  • クレジットカードを使って仮想通貨を購入できる
  • 日本語対応
  • 頻繁に開催されるキャンペーンでボーナスやエアドロップがもらえる
  • 世界5カ国で安全な取引所として認められている
  • 新規仮想通貨の上場が早い
  • 主要な取引所に上場されていない有望な銘柄の上場が早い
  • サブアカウント機能でリスク分散が可能
  • ステーキングが利用できる

デメリット

  • 取引手数料が高い
  • 日本円の取引に対応していない
  • 注文が約定しない場合がある
  • 法定通貨での入出金ができない

MEXC Globalの口座開設はこちらからどうぞ!

Ethereum(イーサリアム)コイン・トークン草コイン(アルトコイン)
COIN MEMO
タイトルとURLをコピーしました